企業・経済

ZAITEN2021年10月号

グーグル「セールス部門はコテコテの日本企業」という職場

世界を代表するグローバル企業の子会社の内情とはどのようなものだろうか。

ZAITEN2021年10月号グーグル

ZAITEN2021年10月号

明治HDを切り刻む「川村"かばん持ち"社長」の独裁

就任わずか4年の間に、実に40%も株価を下落させたのが明治HD社長の川村和夫である。不祥事続きの上、業績悪化の責任も取らない姿勢に、社内外から怨嗟の声が上がっている――。

川村和夫明治明治ホールディングスR‐1

ZAITEN2021年10月号

日本製鉄「史上最高益」の線香花火

リストラの末、2期連続赤字から一転、今期で史上最高益を予想する国内高炉首位の日本製鉄。しかし、市場の反応は鈍く、さながら燃え尽きる前の線香花火の輝きが大きくなる様のようだ――。

ZAITEN2021年10月号日本製鉄橋本英二進藤孝生

ZAITEN2021年10月号

山口FGを"タマ"にする金融庁の筋悪

間欠的に醜聞を引き起こす山口フィナンシャルグループ。今回も子飼い社長が最高実力者の会長を追放するクーデターが勃発。金融庁はこの動乱に付け込み、中国・四国の地銀再編を進める腹だ。

ZAITEN2021年10月号もみじ銀行北九州銀行山口フィナンシャルグループ山口銀行

ZAITEN2021年09月号

【特集】「マダム社外取締役」の優雅な日常

「女性登用後進国」の日本にあって、俄かに需要が高まっている女性経営人材。とりわけ「女性社外取締役・監査役」は引く手あまたの状況で、いまやバブルの様相すら呈している。確かに「企業経営の多様性」という題目の前には、ともすれば性差別すら連想させかねない批判はご法度。しかし、人材難を背景にした「複数社兼任」「アリバイ選任」の問題が頭をもたげる。数社の社外取を兼務してお気楽に年間数千万円の報酬……。男女の別なく、求められるのは優雅な日常を送るエグゼクティブではなく、結果責任を果たす経営人材なのである。「マダム社外取」の実像を追った――。

ZAITEN2021年09月

ZAITEN2021年09月号

【特集】緊急調査「女性社外取締役・監査役」224人リスト

しかし、女性経営人材の希少性も相俟って兼務社数が増える傾向が強い。本誌集計の女性社外取リストを一挙公開する――。

ZAITEN2021年09月号安田加奈小林いずみ岩田喜美枝村木厚子江川雅子監査役社外取.岡島悦子社外取締役菊間千乃

ZAITEN2021年09月号

三菱電機「人命よりカネ」の強欲役員たち

検査不正で馬脚を露した創業100年企業、三菱電機。多くの役員が業績連動で1億円超の報酬を受け取る中、役員の強欲で一般社員は過大ノルマとパワハラに晒される社内風土が蔓延。それでも、反省はないようだ――。

ZAITEN2021年09月号三菱電機杉山武史柵山正樹

ZAITEN2021年9月号

大分銀行「浮貸し幹部」出世に行員怒り

地方銀行を取り巻く経営状況は苛烈という他ない。そんな中で行われた大分銀行の6月の人事を巡り、行内からは疑問の声が上がっている。コンプライアンスを喪失した金融機関に未来はない――。

ZAITEN2021年09月号大分銀行

ZAITEN2021年09月号

オープンハウス「行こうぜ1兆円!」と社長朝礼の"体育会系"職場

オープンハウスの荒井正昭社長は、昨年の「配当含む『年収1億円超』経営者ランキング500」(東洋経済)で、配当収入や役員報酬合わせた額が30億2400万円であったという。これはソフトバンクグループの孫正義会長、ファーストリテイリングの柳井正会長に次ぐ第3位であるというのだが――。

ZAITEN2021年09月号オープンハウス荒井正昭

ZAITEN2021年09月号

中外製薬・永山治「東芝をクビ」で汚した晩節

火中の栗を拾ったのは蛮勇だったのか、あるいは驕りだったのか――。経営混乱の〝火消し役〟で東芝に乗り込んだ中外製薬名誉会長、永山治。前社長の車谷暢昭を追い出したは良かったが、株主の刃は自らに……。

ZAITEN2021年09月号エフィッシモ・キャピタル・マネジメント中外製薬東芝永山治

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11